飽きない、やめない、メモや日記の続け方

一度は日記を書こうと思たことはあるのではないでしょうか?
または日常気になったことや浮かんだアイデアをメモしようと思ったことはないでしょうか。はじめても気がついたら書いていない。書こうと思ったけどめんどくさくてやめてしまった。やめる理由は様々だと思いますが、大抵の人は書くことに慣れる前に飽きてしまうので継続できないのだと思います。

本や雑誌での「書き方」を読んで始めるとハマらない場合すぐに書くことに飽きると思います。ネットでは手帳の中身を公開している方々が結構いますが、ああいうのを真似てみようと思ってもまず続きませんし、本来ならまず人に見せることを前提に書くこともありません。大体の人は見られないようにするのではないでしょうか?ではどうすればいいかというと、書く癖がつくまではポケット判の手帳やノートにルールを決めずただ書くことです。人が決めたやり方を始めると勝手にルールが作られてしまってきるのでめんどくさいのです。自分のやり方で書いていきましょう。人に見せる訳ではないので汚い字でもいいのです。とにかく書いていくことが大事です。書いていくうちに自分なりにルールも決まってきますし、新しい書き方のひらめきもあったりします。

用意するもの

ポケット判の手帳。罫線入りか無地。日付等が入っていないもの、日付や一日1ページという決まりがあるノートだと書かない日があったりすると書く気が削がれます。また大きいと書く気が失せます。小さいノートから始めて埋める作業を楽しみましょう。次第に書き込んだページが増えてくるとうれしくなり更に書き込みたくなります。できることならば薄めのノートで始めた方がいいかもしれません。早くページが埋まって達成感を味わえ次に繋がります。薄いノートにナンバリングをしていくのもまたいいと思います。

書き方

自由です!あなたが書きたいように。
僕の場合は、書きたい時に手帳を開いて日付を書いてメモします。これだけです。多分やってる方多いと思いますが。これだと書かない日があっても空白になることがなく続けられます。僕は結構完璧主義のところがあるので、日付や1日1ページと決まっているものは書いていないページがあると途端に書く気がなくなるのです。だからこの書き方は開くことがないので続けられると言うわけです。
「汚い字でもいい、思ったら思いついたら書き込む」

メモの憧れ

僕は遡ること高校生くらいだったと思いますが、大人が手帳を持っていることに非常に憧れた時期がありまして意味もなくシステム手帳を買いました。しかし覚えているのはここまで。買ったはいいものの、買って満足して飽きてしまった訳です.多分1週間くらい何かしら書き込んだとは思います。月日は流れ社会人になったころ、今度は仕事上に知識やデザインの用語集などを集積していくためにまたシステム手帳を購入します。知識の所は丁寧にソフトで丁寧に作り込んで楽しくやろうと思っていたのですが、結局は4,5ページ作って飽きました。恐らく綺麗に書き込もうや知識のところを凝りすぎてしまったことが原因です。体裁とか見せ方を考えると続かないのです。

しばらく手帳はいいかなと思っていたら「ほぼ日手帳」の存在を知りました。たしかほぼ日手帳を解説や書き方のサンプルが乗っている本を購入しこれなら続けれられそうだと思い購入します。結果は全く続きませんでした。しかも5年連続で購入しましたが、いちばん長くて1月でした。原因は1日1ページ書き込み式のため、忘れて空白のページが多くなると書く気が失せるんですよ。とてもいい日記帳だと思いますが、僕には合いませんでした。ほぼ日手帳をしった同時期に「モレスキン」のノートにも出合っています。こちらはゴッホやピカソも愛用していたと言われる高級ノートです。ポケットサイズでも2000円くらいします。ただ現在のモレスキンはオリジナルではないようです。

これは余談ですが、海外の映画を見ているとメモがやたら登場します。「冒険もの」「捜査官系」を見ていると必ずと言っていいほど出てきます。そこに書き込まれているものを見るとワクワクしますし、そのものがかっこよく見えるのです。またページをめくるときの音!気持ちいいんですよね。映像でしか感じない不思議なものですが。映画で度々メモのシーンを見るたびにやっぱいいなぁと思うわけです。

まとめ

色々と経験してノートも数十冊を無駄にしてやっと自分に合う書き方に出合いました。日々の記録として書き、ふと思い立った頃に前の方のページを読むと、こんなこと書いてたのかとかこんなこと感じてたのかとかこんなことあったっけ?などを感じ楽しくなりますよ。是非自分の書き方で自由に書いてみてください。
続かなかった方、きっと今度は続きますよ。