映画

話題の映画「アラジン」実写版のみどころ紹介

大ヒット上映中のディズニー映画、実写版「アラジン」を観てきました。とても楽しくておすすめの映画です!早速レビューしたいと思います。

映画「アラジン」の人気ぶり

ディズニーアニメ「アラジン」の実写版であるこの映画。日本での公開からわずか3日間で、観客動員数は約96万人、週末興行収入は約13億9,600万円を記録したそうです*。ミュージカル要素のある、元気の出るような明るい映画なので、子ども連れはもちろん、カップルや1人でも安心して楽しめます。

日本語吹き替え版では、アニメと同じくジーニーの声優を山寺宏一さんが担当されています。吹き替え版も非常に魅力ですが、まずは字幕版で観てきました。

ストーリーについて

物語そのものはアニメ版とほぼ同じで、貧しいけれども清い心を持つ青年アラジンが主人公。架空の街・アグラバーが舞台です。王女ジャスミンと出会い恋に落ち、3つの願いを叶えてくれるというランプの魔人ジーニーと巡り会い…というお話です。アニメとの大きな違いとしては、ジーニーに少し人間らしさを持たせたところと、ジャスミンに仲良しの侍女がいるところでしょうか。

生きるために盗みをしながら、アグラバーの街をあちこち飛び回るアラジン。活気ある市場のテントの感じなど、アグラバーの再現性の高さには驚きました。カラッとした笑顔で追っ手から逃げてゆくアラジンの姿からは、アクション映画のような臨場感も味わえます。

キャストについて

なんといっても、ランプの魔神・ジーニー役、ウィル・スミスのコミカルな演出は必見です。想像通り!要所要所で観客から笑いが溢れます。

そして、中東・インド系の俳優陣のカッコよさたるや!悪役も含めてみんな素敵です。アラジン役はメナ・マスードという俳優さん。屈託ない笑顔がいかにもアラジンっぽくて適役です。ブレイクダンスはキレッキレ。ジャスミン役のナオミ・スコットはエキゾチックな美人さんです。アニメのイメージとは少し違いますが、凛としたお姫様役にぴったりでした。その侍女役のナシム・ペドラドもすごい美人。この方がお姫様でも違和感ないほどです。ジャファー役のマーワン・ケンザリも、ぜひ画像検索していただきたいのですがイケメンです。悪役なのに目が優しい。

アラジンの最後の願い、「ジーニーを、自由に。」のシーンでは、感動的なのですが、ついつい笑えてきました。青いウィル・スミスが普通のウィル・スミスに…笑 ハッピーエンドの映画は最後まで安心して観られるのがいいですね。

音楽について

楽曲制作には『ラ・ラ・ランド』や『グレイテスト・ショーマン』のスタッフが関わっているだけあって、音楽だけでもかなり楽しめます。曲名をタップしていただくとYouTubeのサンプル音楽が流れるので、気になるものは押してみてください。

ジーニーの登場シーンに流れる「フレンド・ライク・ミー」のエンターテイメント性は最高!アニメよりも音楽がイマドキ風で、よりポップでリズミカルな編曲も素敵でした。「アラビアンナイト」も久しぶりに聴いたら、異国情緒あふれる感じが新鮮でよかったです。「アリ王子のお通り」はとにかく楽しくて、民衆の1人であるかのような気分でノリノリで聴けました。名曲「ホール・ニュー・ワールド」は言わずもがなですが、アラジンとジャスミンの美しいハーモニーに改めて感動。新しい世界を見せてくれるカッコいいアラジンにうっとりしてしまいました。

また見どころのひとつに、ジャスミンの歌う新曲「スピーチレス〜心の声」があります。これはお姫様であるジャスミンが、初めて自分の意志を持って変革へ向かってゆく終盤のシーンです。「アナと雪の女王」の「Let It Go」然り、映画のテーマとして女性の自立を掲げるのは時代の傾向なのかもしれないなとも思いました。

ちなみにApple Musicではサウンドトラックが英語版・日本語版ともにフルでおとせます。聴きながら映画の余韻に浸りつつ帰りました。今度は日本語吹き替え版を観に行きたいと思います!


*:cinemas PLUS:『アラジン』ディズニー実写最高傑作になった「5つ」の理由!, 2019/6/14

ABOUT ME
sholo
sholo
下町生まれ下町育ちの会社員。医療系の広告代理店を経て、医療系の人材関連会社でウェブの企画・編集の仕事をしています。ライブに行くこと、三味線を弾くこと、映画を観ることなどが好きです。医療やデザイン、地域に関する話題を中心に、明るく楽しく、わかりやすく書いていきます。