ジムに行かず家で筋トレしよう!

ジムに行ってやるということは絶対続かないと思うし、ムキムキのバキバキを目指していません。家でやれる範囲でいいのです。それでどこまでいけるか挑戦するのも楽しいじゃないですか。この記事は初心者の僕がこれから始めようとしている人に向けて書いている記事です。

とりあえずやってみる

どのくらやっているのかというと、始めて10ヶ月経ちました(2020年11月現在)。始めた頃に比べると明らかに体型は変わりました。腕や胸はモコモコっと、腰回りやお腹は引き締まり、腹筋は少し割れてきました。
自分の身体を撮って載せるのはなんだか照れくさいので、画像は載せませんが。
10ヶ月マイペースでやって普通に効果が出てきました。
なんで始めたかというと将来的なことを考え、じーさんになっても足腰を強く健康でいたいと思い始めたので、ある程度筋肉がついて維持することが目標です。

大抵の人は筋肉がつかないor目に見えてわからないので2-3ヵ月でやめてしまうそうです。僕の場合は特にそういうことを考えず鍛えていました。
最初の頃に見たYouTubeのトレーナーの言葉が良かったのかもしれません。

「継続すれば筋肉は必ずつきます。だから続けることです」

YouTubeトレーナー

だからこの記事で言いたいことは、継続することで結果が出てくるを信じて行った結果、筋肉がついてきたので「続けましょう!」ということだけです。
以前痩せるためにエアロバイクをやった体験談の記事でも同じことを書いているのですが、本当に継続がいちばんの近道だと思います。

痩せたい人に。エアロバイクの効果はすごかった! エアロバイクの記事はこちら。

トレーニング方法などはYouTubeで調べるといいですよ。
こちらは人によって合う合わないがあると思うので自分で調べてみてください。
「筋トレ トレーニング」と検索してもたくさん出てきます。
とても親切な動画が多いのでビックリしますよ。

初心者に向いてるトレーニング方法
  1. YouTubeでトレーニングの動画を見てやる
  2. 継続する

これだけです。簡単でしょう?ではがんばってください!

以下は僕の体験談を載せておきます。
読みたい方のみどうぞ!

最初の頃

20代の後半に筋トレをしていた時期があり、その頃は腕立ても余裕で20回×3セットをやっていました。その記憶があってか「できるだろ」と思っていました。いざやってみると、まさかの2回…。3回目はまったく腕が上がらず衰えにビックリしました。そして筋トレ開始日のその日はもう二度と腕立て伏せはできませんでした。情けなくなりました。次の日からの猛烈な筋肉痛は恐らくは人生でいちばんだったかもしれません。なんせ生活に支障が出るくらい痛かったんで。階段を登るにしても上半身に響き、カバンを背負うのも一苦労。体の「老い」を感じました。

基礎の筋トレ

トレーニングのメニューも何も考えずにただ腕立てをして筋肉痛になったので、リサーチをしてから始めようと思い色々な本を見たりサイトを見たりしました。購入した自重トレーニングの本に「今まであまり筋トレをしてこなかった人は腕立て・腹筋・背筋・スクワットの基本の4種を最低1ヶ月やって身体を慣らしてから本格的に始めましょう」とありました。いきなり本格的な筋トレをすると身体を壊す場合があるようです。
本に書いてある慣らしのトレーニングでは、腕立て+背筋 腹筋・スクワットのセットを2日連続で行い1日休むということを1ヶ月繰り返し、その後本格的なトレーニングに進みましょうとのことでした。
それぞれに注意点があるのですが、こちらは割愛します。調べればプロの方々が解説しているサイトがたくさんあります。

メニュー

1日目 腕立て20回×3セット 腹筋20回×3セット
2日目 腹筋20回×3セット スクワット20回×3セット
3日目 休養

これを繰り返しました。

最初の頃は本当にきつくて、休みながらしてました。腕立ても5回やったら休む。なんせ続かないので。しかし、気がついたら20回楽々できるようになってました。まさに「続けたから」です。
一月経った頃、このメニューでは筋肉痛にならなくなってきて恐らくやっとスタートラインにたったのでしょう。

YouTubeでのトレーニング動画を観ながら

1ヶ月経った後も、2.5ヶ月くらい上記のメニューをやっていました。仕事が忙しく他のことに移せなかったこともありますが、基本をずっとやってても筋肉つくんじゃないの?と思ったからです。ただ目に見える変化はなく、それと流石に同じことをずっとやってると飽きてきてしまいなんかないかなーと思っていたらYouTubeにトレーニング動画があることを知ります。山澤礼明さんのトレーニング動画がとても自分に合っていて、動画にあわして2ヶ月ほどトレーニングしました。部位によって動画が分けられているのでとてもわかりやすいです。2ヶ月ほど立つ頃には、腕、胸、腹の筋肉が引き締まってきました。

トレーニング器具を使って

自重トレーニング以外に器具を使ったものもやりたくなり、チューブ・アブローラー・チンニングスタンドを購入しました。どれも正しい使い方をすれば非常に良いものです。現在はチンニングスタンドをメインにトレーニングを行っています。これもまた面白いのですが懸垂って普段やらない人はまったくやりませんよね。僕も高校くらいからやっていませんでした。久々にやったら1回もできませんでした!もっと驚いたのが「ぶら下がることすら辛い!」ということ。公園に行って鉄棒にでもぶら下がってみてください。驚きますよ。継続していたらいつの間にか逆手懸垂20回×3セット、順手懸垂10回×3セットできるようになってました。継続ですよ!継続!

最後に

10ヶ月経った今、鏡で見ると10ヶ月前とは明らかに違う身体の自分が映ります。引き締まり少しモコモコし始めているのです。これはやってこなかったら手に入らなかったのです。簡単に手に入りません。だから継続していくのです。頭であれこれ考えたりするより、始めて継続すればいいいのです。そして自分の為だけを考えてください。きっとうまくいきますよ。それでは!